So-net無料ブログ作成

死ぬまでにしたい10のこと [映画]

死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のこと

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2004/04/24
  • メディア: DVD
 
以前から気になっていたDVD、ようやく観ました。
インパクトのあるタイトルと、ジャケット写真の雰囲気に惹かれていました。
 
裕福ではないけれど、夫と可愛い娘ふたりと幸せに暮らす23歳のアン。
そんな彼女が余命2ヶ月と宣告される。
誰にも打ち明けることをせず、取り乱すことなく、冷静に運命を受け入れるアン。残されたわずかな時間を有効に生きるため、死ぬまでにしたい10のリストを書き出す。。。
 
ご存知の方も多い映画だと思います。
感想も賛否両論ではないのでしょうか。
 
でも私は好きだなぁ。
 
確かにティッシュは離せませんが。
 
23歳の若さであれだけ人間が出来ている(穏やかで、愚痴ひとつこぼさない)のはびっくりだけど、苦労してきた生い立ちがそうさせたのかもしれません。
 
17歳で初めてキスした相手と結婚、出産。母親の家の裏庭でトレーラー暮らし。父親は刑務所に入って10年。19歳で2人目を出産。少し頼りない若い夫と夜勤を続けて暮らしを支えている自分。
 
そんな彼女が書いた10の項目は・・・
 
1.娘達に毎日愛してるって言ってあげること
2.娘達が18歳になるまで毎年誕生日のメッセージを贈ること
3.新しいママを探す
4.・・・
・ 夫以外の人と付き合ってみる
 
家族を大切にするとか、子供たちをとても可愛がってる姿・・・
本当にとてもいいママなんです。
娘達へメッセージを残すため、自分の声を録音してるシーンでも涙・涙・・・
 
だけど、正直夫以外の人と・・・ってところでは、ちょっと引いてしまいました。
えっ?そうなの・・・?って。
 
でも通して見ていくと、それもありなのかなって。
実際に同じ立場になってみなければわからないけれど、
結構現実はそんなものなのかなって。
きれいごとだけじゃない、むしろリアリティみたいなものを感じました。
 
自分がいなくなっても何も変わらない日常。
世の中はいつか自分を忘れていく。
それが自然。それで当然。。。
人も時の流れの一部でしかない。。。ような気がしました。
決して悲観して言うのではなく、あくまでも自然に感じるのです。
 
大きな声も出さず、静かな涙を流すアンに、一緒に泣きました。
 
死を認めて、受け入れてこそ生がある。
 
なんでもない日常でも大事に生きようと思いました。
 
目に映るもの、感じるものを大事に。
 
自分だったら・・・?と、考えてみる、いい機会になるかもしれない映画でした。
 
プロローグ、エンディング、色、音楽・・・いい感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲド戦記 [映画]

ようやく涼しくなりましたね。

そして夏休みも終わりましたね(ひひひ・・・)

夏なのに太った私は相変わらずこぼけに振り回され、それに引き換えお兄ちゃんの成長にうるうるしたひと夏でしたーーー。

おばあちゃん>「こぼけちゃん、大きくなったら何になりたい?」

こぼけ>「どろぼー!」

・・・。

そしてお兄ちゃんはお手伝い、勉強、がんばったね~。

ここ最近、ずいぶんしっかりしてきたわって感じ入ります。

そんな二人を連れ、先日ゲド戦記見てきました。

全く観る予定じゃなかったのに、原作を全巻読破したら観たくなって。

ところが・・・率直に言って

観なきゃよかった。。。

っていうか、何で映画にしたんだろう?と、思ってしまいました。

「???・・・」 よくわかりませーん。

ゲド戦記と言いながら、アレンが主人公?

内容も、本ではゲドの体験だったものを映画ではアレンがしたり、だいたいアレンは父親を手にかけたりしないんだけど。。。? 

辛うじて、本を読んだ後だったからどの場面のどの話かがわかったけど、たぶん知らないとちんぷんかんぷんではないかしら?

中途半端なストーリーでした。

なんでこの形のまま映画化したのかが不思議なほどお粗末な印象です。

誰も反対しなかったのかな~?

ジブリ独特の美しい色合いの丁寧な画面でもなく、少ない数の色だけで仕上げた粗い絵という感じ。

訴えたかった命の大切さというものは伝わるかもしれません。

でも、それならゲド戦記をあえて題材に選ばなくても、いえ、選んだのならもっと徹底した最高の作品にして欲しかったな~。

だってジブリは、ナウシカやラピュタのような素晴らしい作品があるんだもの。

見る側は、それなりの期待を込めて映画館に足を運ぶんだし、、、。

残念でした。

子供は怖かったって言ってましたね。

あれは子供向きの映画じゃないのかな。

とにかく消化不良で帰ってきましたよん

今度はもっといい映画、作ってくださいね♪

 

 

 

 

 

 


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パイレーツ オブ カリビアン!!! [映画]

観てきました~~~♪♪♪

パイレーツ オブ カリビアン デッドマンズ チェスト

 

先行上映で観てきました。

映画館も混んでました~。

キャプテン・ジャック・スパロウは、相変わらず軽薄そうで、それでいて信念を持ち(?)、優しく、かっこよかったー!!!

みなさんもこれから観るわけだから、多くは語らないでおきましょう。

でも、来年公開される”3”が楽しみです~~~!

それだけは言っておきます♪

そ、そ、前売りも買ってきましたよ~

               

子供もフィギュアを買って大喜び!

でも今は取り合いしてケンカしてます(´▽`;)


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

猟奇的な彼女とイルマーレ [映画]

久しぶりにバラじゃない話・・・

 

あんまり素直じゃない私は、世間が韓国スターやドラマにはまってるときも興味を持たず、ひたすらジョニー・デップ一筋(?)でした。

そんなある日、姉から1本のDVDが送られてきました。

猟奇的な彼女 

猟奇的な彼女

猟奇的な彼女

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2003/07/25
  • メディア: DVD

わざわざ自分ではレンタルもしないだろう作品でしたが、せっかくなので見ました。

よかったです。。。泣きました。

前半は思いっきり引いてしまった箇所もありましたが(笑)、

最終的に、私の好きなお話でした。

わがままで気まぐれで強気の彼女に振り回されるちょっと頼りない彼ですが、彼女の心の闇を知り、彼女の支えになる・・・最後はとても素敵な青年に成長してたみたい。

かなり長い映画だったきもしますが、盛り沢山な内容でよかったです。

それに、主人公のチョン・ジヒョンという女優さん、かわいいの~♪

ほんと、何度見てもとーっても可愛いです。

 

そしてまた送られてきたのが

イルマーレ

イルマーレ

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2002/01/21
  • メディア: DVD

これもよかったです~~~

もうほんと、ロマンチック♪

この映画を見てるときの私の目、きっと少女マンガの目になってたと思う(笑)

完全に私好みのストーリーで、私の心をわしづかみにしましたね。

ちょっと不思議なお話で、あるポスト(アンティークの雑貨屋さんにありそうな)に手紙を入れることで、過去と現在に生きる二人が手紙を通して会話をする・・・

やがてふたりは会う約束をするのだが、いくら待ってもとうとう彼は来なかった・・・

 

映画を見た後、私もどこかのポストに手紙を入れてみようかと思いました(笑)

 

とっても素敵なお話です。

 

 


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

がんばれ、ブリジット! [映画]

はあ~。泣いて笑って、メークがぐしゃぐしゃになっちゃったー。

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD

数年前、映画館でこの映画のパート1を観てきた。
なんの構えもなく、お気楽気分で観に行った。
役作りのため10kgも太ったというレネー・ゼルウィガーは、その表情も豊かで
本当に可愛らしかった!太めなことなんてちっとも気にならないほど。
軽薄だけど、かっこいいヒュー・グラントになびいてしまいながらも、
誠実なコリン・ファースと結ばれる。。。♪
原作同様、等身大のヒロインに共感を持ったという女性のファンが多かった。

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD

そんな映画の続編である。

「ありのままの君が好きだよ」
そんな風に容姿・学歴・性格の優れた、非の打ち所のない、
常に穏やかで優しい弁護士の恋人、マーク・ダーシーに愛されている
かなり太目のブリジット・ジョーンズ。
彼女はパート1にも増して太っていた(´▽`;)

相変わらずのヘビースモーカー、おっちょこちょい、
ちょっと見ていられないほどのへまをする。それも何度も・・・。
ちょっとありえな~いくらいの失敗の連続。、あれだけの失敗が続いたら普通は凹むよね。
とにかく映画の前半はブリジット・ジョーンズ大殺界って感じ。

でもね、それでもマーク・ダーシーは寛容なのだ。
ちょっとできすぎ君? でも少しうらやましい(笑)
あんなに素敵な人、なかなかいない。
出会えたら、私もブリジット化するかも~(笑)

そんなわけで(どんなわけだ?)ロンドンの負け犬、ブリジット・ジョーンズは
ゴールを目指して頑張るのだが・・・という映画。 
面白かった~♪

ちょっと最近ブルーだったせいか、こんな風にコメディを見るといいみたい。
自分が不幸なときって重い映画は見たくないから。
やっぱり笑うっていいんだな~。


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。