So-net無料ブログ作成
検索選択

チャールズ・オースチン&スノー・グース [薔薇]

チャールズ・オースチン    

人違い(薔薇違い?笑)で我が家に来てもう数年。。。

蕾から咲き始めの形も色もあまり好きになれず、樹形もしっくり来ないので、はじめは少々苦手だった薔薇。

だけど時が経つとともに大好きになりました。

なぜって、この咲き進んだときの形といい、退色したこの色。

そしてなによりこの最高の香り・・・

香りをお伝えできないのが残念。本当にいい香りなんです。

フルーティーな香りはいつまでもくんくんしていたいほど。。。

 

        

 

   

        

                                                 

 

              スノー・グース

修景薔薇として、我が家でも色の濃い薔薇の後ろに植えてあります。

が、発育がとてもよろしくて、切っても切ってもグングン大きくなり、花もどっさり。

周りの薔薇は押され気味・・・(笑)

  

房状に咲く小さめの花は、冬、雪が降るまで休むことなく咲き続けます。

蕾が開きかけたときのほんのりアイボリーが、咲き進むと真っ白に。。。

丈夫で育てやすい薔薇です。

  

 

 

 

 

 


ピエール・ド・ロンサール [薔薇]

 

 

 

 

               

 

                            

 

          

 

 

 

                                      

 

          

ピエール・ド・ロンサール・・・なんて美しいのでしょう。。。(笑)

この花は、薔薇が好きになったきっかけとなった薔薇。

「薔薇ってこんなに綺麗なんだ」 そんな感動を覚えました。

姉からもらった挿○木が地植えとともに大きくなって、今は手が届かないほど。

通りがかりの人が足を止め、思わず見上げて行く風景も今は慣れました。

知らない人と話すこともしばしば。

外側から中心にかけてピンクが濃くなる様子、花びらがびっしり詰まった様子。

この薔薇も、蕾から長い期間その美しさを楽しめます。

硬い蕾が膨らむ頃、わずかに開いた頃・・・それぞれ違う表情は見飽きません。

この花が満開になってようやく季節を知るというくらい、我が家の春から夏にかけての風物詩のような薔薇です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マッキントッシュ&バーバラ [薔薇]

       

 

              

                                     

チャールズ・レ二・マッキントッシュ

今年、我が家のほとんどの薔薇が沢山蕾をつけた中、この子に限っては少ないようです。 

本来、はっと息を呑むほどの美しさで魅了することもありますが、今回は花を選んで撮影するほど花は無し・・・ 残念です。 

又、2番花に期待しましょう。

  

              

 

                   

バーバラ・オースチン

この淡いピンクの可憐な子は、香りまで上品。

おとなしくて優しいイメージです。

それでいて、その細い枝は奔放にしなやかに伸び、いくつもの蕾をつけます。

 

よく、「この薔薇は(花は)誰かのイメージだわ♪」

そんな風に感じながら楽しむことも多々あります。

でも、私は決してバーバラちゃんではないと思います。残念です。

 


アッシュウェンズデイ [薔薇]

       

 

      

 

  

              

 

沢山の薔薇をご自宅の庭で育ててらっしゃる yasukoさん

写真もまるでプロの腕前。

カタログや本で見るだけではわからない薔薇の魅力を最大限に映し出し、

「え?この薔薇ってこんなに素敵だった?」と、改めて感じることもしばしば。

そんなyasukoさんのサイトで目にしたこのアッシュウェンズデイ。

一目惚れでした。

くすんだピンクというか、グレーに薄っすらのったピンク。。。

なんともいえないこの色合い、そしてくしゅっとした姿。。。

大好きな薔薇です。


薔薇だらけ [薔薇]

      

                             

                                       

           

                      

      

                

                                            

           

                                   

                   

            

                                         

   

                      

                                 

     

                   

                          

                         

  

嬉しい悲鳴を上げながら、あっちでパチリ! こっちでパチリ!

一気に咲いてきました。

天気予報は明日からお天気。

ますます我が家の薔薇も満開になることでしょう♪

ますます忙しくなりそうです。   

 

 

 

 

 


薔薇とハリーポッター [薔薇]

マチルダです。

この春我が家にお嫁に来ました。

今さら・・・という気持ちもありましたが、この優しい感じ、憧れでした。                                  

くるくる巻きついた花びらが開いたとき、ひらひらと波打つ雰囲気がたまりません。

                    

 

 

トゲトゲの枝からは想像もつかないほどの愛らしさです。

 

ポンポン咲きの可愛い子、ローズ・ド・レッシュも咲きました。

写真では、深い色合いが出せないのが残念ですが。

    

             

 

賢者の石から読み続けているハリーポッターシリーズ。

今回もまた買ってしまいました。そして読んでしまいました。

ひきずってます(笑)

実は昨年、英語版を読んだ方のブログで読んでしまったのですが、結末がさらっと書いてあったのですね。ほんと、さらっと・・・。

私は大げさだけどショックでした。だって、まだ読んでない人もいるのに、楽しみにしてる人もいるのに・・・。

思わせぶることもなく、簡単に目に入ってしまうような書き方でした。

 

そんな訳で、本を読む前に結末がわかっていたので面白さが半減したのは否めないかな。

でもわりきって、それなりに楽しみました。

成長したハリーたちがそれぞれ恋に悩むところは微笑ましかったですね。

多くは語りませんが、ますます最終巻が待ち遠しい!とだけ言っておきます。

 

あとは読まずに机で埃を被ったままのゲド戦記、早く読まなきゃ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 


薔薇とダヴィンチ コード [薔薇]

一重のカクテルが咲きました。

花びらびっしりが最近のお気に入りですが、この赤に黄色の鮮やかさはいつ見てもハッとします。

やはりいろんな種類があった方が楽しめますね。

 そしてオジェのその後です。                                  

           

ピンクが強く出ています。

          

           

花びらが開きました。どんな姿も可愛いです。

 

そろそろ他の子たちの蕾も膨らみ、ますます胸が高鳴ります!

 

そして、話題のダヴィンチ・コード見てきました。

原作も読みましたが、いかんせん、やはり映画では描ききれないものが・・・

と、個人的には感じます。もっともこれは、映画全般に言える事なのですが。

はじめの謎解きの部分、あまりの展開の速さに、これ本を読まずに見る人は果たしてついていけるのだろうか、理解しただろうか、と思いました。

また、ソフィーのソニエールに対する感情の重さとか、そういう部分の浅さは仕方ないのかな?もう少し詳しい方が。。。

というわけで、映画を先に見た方はその後で本を読むと、さらに理解できることと思います。

でも面白かったですよ。画像のインパクト、迫力ありましたよ~。

ルーブル美しかった~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     


愛しのオジェさま 今年の1番! [薔薇]

ついに開花です。

今朝、どの子よりも早くチェックに行くとどうでしょう!?

こ~んなに可愛い子が待っていてくれました!

しかもふわっといい~香りをさせて・・・

コロンとした可愛い表情です。

 

よ~く観察すると、結構他の子も開花が近いようです。

昨年数えたときは22種類ほどだった我が家の薔薇も、最近数えたら何故か30種類を越えていました。。。なぜでしょう(´▽`;)

まあ、小さなことはこだわらず・・・。

わくわくが続く毎日、うれしいな♪

 

 

そして救世主も現れました!

がんばれ!てんとう虫!

 


復活の兆し [薔薇]

以前、悲劇のオジェさまでお話したオジェが元気になりました~♪

これも皆様の励ましとアドバイスの賜物でございます。

ありがとうございました。

今日は梅雨を思わせるほど、湿度と気温がぐっと高くなりました。

雨が近づいているようです。

でも、植物には最高ですね!

ぐーーーんと成長してくれそうで、朝から何度も外へ観察に行ってしまいます(笑)

さっきより伸びたんじゃないか、蕾が開いたんじゃないか、、、

ふ~。

春はわくわく、うきうき、そわそわ♪

                  ネメシア(宿根草)

              クロッカス クリームビューティー

 

春の遅いこのあたりも、ようやく可愛い花たちがそこここで見られるようになりました。

 ついでに、挿○木もバッチリ!(笑)

 


ガーデニング日和♪ Ⅱ [薔薇]

昨日に続き、今日もまあまあのお天気でした。

剪定の終わってない薔薇、誘引してない薔薇、これを考えるとちょっと憂鬱。

特に、ピエール ド ロンサールには頭を抱えます。

この子が我が家にやってきたのは・・・はっきり覚えていませんが(笑)今から5、6年前くらいだったでしょうか。大苗ではなく、挿○木で頂いたものが、地植えをしてからというものみるみる大きくなり、今では手の届かないところへと枝を伸ばしていきました。

ある程度の高さのところは、家の中から窓を開け、腕を伸ばして剪定することができますが、それ以上の部分はちょっと無理。

そういう訳で

 

こんな感じになってもそのまんま。。。

これじゃあいい花はつかないかも。そういえば、去年のピエールは最悪でした。

やっぱり高枝切り鋏 が必要かも。

 

昨日、NHKのBSで、午後からずっとガーデニングの番組をやっていました。

ターシャ・テューダーに始まり、魅惑のイングリッシュガーデンなどなど・・・・

全部録画しました。ほぼ5時間(笑)

それにしてもみなさん憧れのターシャの庭はすごい!

30万坪(東京ドームの20倍)の敷地だそうです。びっくりです。

質素だけど、心の豊かな生活。最高の贅沢かもしれませんね。

ほんと、素敵でした。

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。