So-net無料ブログ作成
検索選択

DREAMS COME TRUE <かなりの長編> [日記 雑感]

年が明けてはじめての更新です。。。(´▽`;)

*****今年もどうぞよろしくお願いします*****             


毎日夜が明けて、そして更けていく・・・そんな日常の繰り返しの中、私も笑ったり泣いたりいろいろあります。誰にだってありますよね、あえて口にはしなくても。

昨年末から少し落ち込むことがあったり、心配事が続き、それを乗り越えるために様々なことを模索し、ちょっぴり辛い気分の日がいつもより多かった最近、とてもとても素晴らしいニュースが届いたのです。

まるで映画のような話、とか、事実は小説より奇なり、とか言いますが、今それを実感してます。


今から18年前、姉夫婦は義兄の仕事でN.Yに駐在することになりました。

そのとき姉は初めての子を授かった妊婦さんでした。

そのため、私が引越しの手伝いや新生活のサポートをするために一緒に渡米したのでした。

(実際は、英語も家事もまともに出来ず、何の戦力にもなりませんでしたが 笑)

姉の家はマンハッタンから1時間ほどの閑静な住宅街にありました。

家の作りは一戸建てで、シメトリーな作り。

向かって左側が姉の住まい。右はアメリカ人の家族が住んでいました。

壁1枚隔てたお隣さんとはあっと言う間に仲良くなりました。

お隣は、おかあさんのメアリー、長女のキム、高校生の次女ホープという家族構成。

私はキムと同い年。毎日毎日行き来して、それはもうずーっと昔からの友達のように仲良くなりました。

私の英語力はこの際関係なく(笑)、同世代の女の子が二人寄れば、国籍も言葉も関係ないのですね。いつもおしゃべりに花が咲き、言葉がうまく通じないことまで笑い話になり、ほんと賑やかに過ごした2ヶ月でした。

若い女の子の会話といえば、もちろん好きな人の話だったり・・・

彼と海でデートして。。。とか、失恋したときティファニーの曲を聴いて泣いたわ。。。とか、キムの話に共感して感動したり・・・とにかくすっかり親友のようになったのです。

けれどもやがて私の帰国の日が訪れ、再会を誓って別れたのです。

それから半年後、再び私はN.Yへ。

今思えば、再会したメアリー一家との間の空気は、初めて会った頃とは微妙に変化していたように思われます。憶測も含まれますが。

メアリーはインテリアコーディネーターの仕事をしてるそうで、確かにどの部屋もと~っても素敵で、カーテンからベッド、ランプシェードまで同じ布地でコーディネーとしてあったりと、まるで雑誌に出てくるような暮らしぶりでした。

ただ、メアリーは家にいることが多かったように思います。彼女は、ご主人とは離婚していたものの、まだまだ問題を抱えていたのか、完璧主義の彼女自身が問題を抱えやすいタイプだったのか、実際、家族を支えていたのは、キムの収入だけだったようなのです。

そんなキムもウェイトレスの仕事をしていて、それほど高収入だったわけではないようです。しかし、キムは自分の職場の上司が不倫をしていることを知り幻滅し、仕事を辞めてしまったそうです。

また、お隣の家には洗濯機がなく、いつもホープが姉の家に洗濯をしに来ていました。そしてそんなとき、身の上話をしたそうです。今まで自分達家族はアメリカ中転々とし、こんなに親しくなった人はほとんどいなかった、というような話まで・・・。

いつも明るくて賑やかなキムやホープの表情にさえ、暗く、深刻な様子を垣間見ることもありました。

数日後、私は日本へ。そして事態は思わぬ方向へ・・・。

メアリーは別れたご主人との間に慰謝料のトラブルを抱えていた上に、大家さんとの間にも家賃のことで問題が持ち上がっていました。

確かに新築だけど欠陥住宅のような作りの家。実際、姉の家でも隙間風に悩まされたり、トイレが詰まったりといろいろありましたが、何とか工夫して暮らしていました。日本では考えられないことも、お国柄かな?(笑)と、そこは割り切っていました。しかし、メアリーはそんな家には家賃を払えない、というような理由(だけではなかったのかもしれませんが)で、大家さんを相手に訴訟を起こし、その協力を姉夫婦にも頼んできたのだとか。

しかし姉夫婦は、気持ちはわかってあげられるし、協力できることはするけれど、訴訟に関しては力になることは出来ないと、断ったそうです。確かに義兄は駐在員の身の上。まだまだアメリカで仕事をしていかなければいけないサラリーマンです。出来ればトラブルは避けたいということも説明したけれど、理解されたかどうか・・・。ぎくしゃくした関係は避けられなかったようです。

その後メアリーたちは裁判で敗れ、家を立ち退くことになりました。

立ち退きの日、姉の家のドアにも助けを求める手紙が挟まれたそうです。しかし、義兄は会社に行っていないし、姉一人ではどうすることも出来なかったそうです。メアリーたちの悲惨な姿を見るのもつらくて、小さな娘を連れて早々に出掛けたのだそうです。それでも、何も手に付かないほど心配で落ち着かなかったので様子を見に戻ってみると・・・大きなトラックが家の前に停まっていて、その下の地面にはメアリーがランプシェードに使っていた布地が、泥だらけになって落ちていたそうです。それを見た姉は、ショックで涙が止まらなかったと話していました。

その後、姉の家族もサンフランシスコへ移動になり、当時の家へは行くこともなかったようです。


 あれから、ときどきキムたちを思い出しては悲しい気持ちになりました。

今頃どこでどうしてるのだろう もう一生会えないのだろうって。

 それが先月のことです。

なんと!キムから連絡があったのです!18年ぶりに!

信じられない!信じられない!信じられない!

姉から電話でこの嬉しい知らせを聞いたとき、涙がぽろぽろこぼれて、言葉が出ないほどでした。

キムはU.S.Aの義兄の会社に電話をして、あの当時、N.Yに駐在していて、ワイフの名前は〇○で、娘の名前は〇〇で・・・という調子で(笑)はるばる日本にいる義兄を捜しだしたというわけです。本当にスゴイ!!! 

キムの話では、この春いとこが日本人と結婚することになり、彼女も結婚式に出席するため初めて日本に来るというのです!!!そこで再会できないかと、必死に捜して連絡してきてくれたんですね。

もちろん!会いに行きます!何が何でも!!! もう、うちの息子達も大はしゃぎ! 会ったこともないのに「キム!キム!」って(笑)

私も早速メールをしましたが、my dear dear friend!と、本当に喜んでくれて、やっぱり彼女も初めて連絡がついたときは涙が止まらなかったそうです。でもこのメールがまた一苦労!(笑) 短い文章なのにものすごい時間をかけてやっと送信すると、瞬きする間に返事が来る始末(≧∨≦) 車の中でも、昔買って放っておいた英会話のCDをまた聞き出したり、もう間に合わないと思いつつも気休めに聞いてます。

それにしてもあの時生まれていたのは姪っ子ひとりだったから、大勢でぞろぞろ行ったらびっくりするでしょうね。

そして、彼女の近況は、というと・・・

彼女は7年ほど前から証券会社社長のアシスタントをしていて、かなり裕福な生活をしているようで、もう5年くらいになるそうですがマンハッタンに住んでいるのだそうです。かっこいい~(笑)ヨーロッパ旅行の写真も沢山見せてもらったのだけど、どの写真を見てもとっても幸せそう♪ それにちっとも変わってない笑顔! でも、ここまで来るまでには想像もつかないような苦労をしてきたんだと思います。所謂ホームレスから一転。並々ならぬ努力をしてきたのだと思うと、キムを心から尊敬します。

ところでメアリーはと言うと、残念なことに3年前になくなったのだそうです。そのメアリーの介護も相当大変だったようです。本当に残念です。かなりの美人だったメアリー。ハスキーな声・・・今もよ~く覚えています。

妹のホープは結婚し、幸せに暮らしているとのこと。よかった♪

こんなドラマのような話・・・今も信じられないと言うか、角度を変えて見れば、メールでやりとりできる今の関係がずーっと続いてきたようで、むしろ、あの時ぷっつり途絶えてしまった18年間の月日の方が信じられない感じもします。

不思議で夢のよう・・・キムの言葉を借りれば、amazing - amazing!  (笑)

 この春汐留で再会することになった18年来の親友の、夢のような物語でした。
 
長いのに最後まで読んでくださってありがとうございました。
        (この記事は1月18日から少しずつ書き始めてようやく終わりました 笑) ふ~っ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(9) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 12

今年初めての更新か(笑)
私も今年までだいたい2年くらいいいことなかったよ。
そういう周期ってあるから、うまくやりすごすしかないね。

キムさんの行動力ってすごいよね。
18年前に音信が途絶えた異国の友人を捜すなんて。
でもそれだけ会いたかったんだよ。

またやりとりできるようになってよかったね。
英語の勉強にもなるね(笑)
by (2007-02-14 17:32) 

green

なんだか、映画のよう・・・
どんどん、お話に引き込まれていっちゃって・・・
でも、キム、よかった、やっぱり強いのね
それに、そんなことがあっても、必死に探し出してくれた、ってことは、18年前、キムはお姉様達の気持ち、わかってたのね、
あ〜〜〜。素晴らしいかな、人生は!

coralさん、お久しぶりです、って思ったけど
いきなり、ドラマを見させていただきました
ステキな再会になりますように!
by green (2007-02-14 18:02) 

minami

coralちゃん、こんばんは。
良い話だわ~
誰でもいろんな思い出があって、記憶の中に会いた人がいるけれど
こんな風に再開のチャンスが巡ってくるなんて・・・
確かに「事実は小説より奇なり!」ですね(^^)
お互い若い頃と違ってはいるけれど、会えば全然変わっていないお互いを感じるのでしょうね
お姉さんにとっても、嬉しい事ですね。
coralちゃん姉妹の想いが18年の時を超えて通じたように思えます。
読んでて私も昔を思い出していましました。。。(遠い目)
by minami (2007-02-14 21:04) 

ガジュマル

とても素敵なお話、読ませて頂きました。
良かったですね~!!!!!
きっと、お互いに、魂が強く惹かれ合っていたのですね!
素晴らしいことです。
本当に、素晴らしいです~!!
by ガジュマル (2007-02-14 23:27) 

こんにちは♪
読んでいて、涙がうるうる.....
ステキなお話を ありがとうございました♡

18年ぶりの再会、きっとスゴイ大興奮になるでしょうね~(^^♪
by (2007-02-15 12:07) 

きみぃ

18年ぶりの再会、とても楽しみですね。キムさんもcoralさんもしっかりと歩いてきた18年、いろいろあった18年だったのではないでしょうか?次回は30年ぶりの再会・・・なんていうのも素敵ですね。私はオーストラリアのクラスメイトたち、どうしているかな、と思い出しました。最初のクリスマスにカードを交換したくらいで音信不通です。
by きみぃ (2007-02-16 15:53) 

berry

じっくり読みました。もう文章に引き込まれて、途中からどんなサプライズがあるのかしら . . . とドキドキしました。
18年という歳月はとっても長いけど、会えばすぐにあの頃にタイムスリップしちゃうんでしょうね。昨日のことのように違和感なく会話が飛び交うことでしょう。涙の再会ですね。
春が待ち遠しい。もうすぐね!(わたしはきっとダイエットに励みます。笑)
by berry (2007-02-16 17:40) 

coral

☆魔女さま
今年まで2年くらい・・・ということは、最近はいいこといっぱいなんですね!
よかったですね~ 私も耐え忍んで努力すればまたいいことありますよね。
励まされました。ありがとうございます!
>英語の勉強にもなるね(笑) ←これ、やばいです(笑)

☆greenさま
>素晴らしいかな、人生は!
本当にそうですよね。あきらめずにいれば、きっといいことあるんですね。
ありがとうございます。 再会の様子、またご報告しますね。

☆minamiさま
ありがとうございます。
ところで、minamiさんの会いたい人って誰なんでしょう!?
遠い目で見てた先は・・・!?

***ここで、子供のお迎えに行ってきます。
 また後ほどお返事書かせていただきます。遅くなってごめんなさい***
by coral (2007-02-17 11:39) 

MARI

18年前に出会ったcoralさんの事、親切にしてくれた
お隣のお姉さん夫婦の事、日本に行く事が決まって、
一気に懐かしさと、絶対に会いたいって思いが
沸き上がったのでしょうね。
ものすごく、うるうる来ましたよ。
人生って、何が起こるか分からない。
本当に、amazing!
by MARI (2007-02-18 15:44) 

coral

☆カジュマルさま
縁は異なもの・・・とはよく言ったものですよね。
本当に素晴らしいです。
この出遭い→再会を、大切にしたいと思います。

☆sumimintさま
ありがとうございます!
そうですね、きっと大興奮でしょうね。
懐かしいやらうれしいやらで、心臓バクバクですね(笑)

☆きみぃさま
いろいろあった18年・・・確かに!
でも次回は30年とは言わず、コンスタントに会って行きたいですね♪
いやいや、わかんないですよ、きみぃさんのところにも忘れた頃に
連絡来るかも~~~

☆berryさま
私もキムに会うまで3kg減!目指します(笑)

文章下手ですね~~~つくづく自己嫌悪。
でも、ありがとうございます。いい再会にしたいですわ!!!

☆MARIさま
ほんとうですね、何が起こるかわからない!
私はこんな日が来るなら、もっと真面目に英語の勉強しておけばよかった
と、自分のかっこわるさに凹んでますよ~
毎日、どんなこと、どんな素敵な出会いがあるかわからないからと、
手を抜いてはいけませんね。心の持ち方、生き方、あんどルックスも(笑)
by coral (2007-02-18 19:12) 

ぶーけ

まあ、ほんとうに映画のようなお話ですね~。(^^)いやあ、よかったです。
悲しい別れ方をしたお友達が、18年ぶりに連絡を下さったのですね♪
今は幸せそうで、本当によかったですね。素敵な再会になりますように。
by ぶーけ (2007-02-19 15:57) 

coral

☆ぶーけさま
ありがとうございます。
はい、彼女が幸せそうで、私も安心しました。
お互い年をとったと、また大笑い出来るといいですよね♪
by coral (2007-02-21 20:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。